SSブログ
前の20件 | -

「消費税減税」をやってはいけない ~「領収書」をもらう人、もらわない人 [どう受け止めたらいいのか]


あなたはものを買ったり飲食をした時に「領収書」をもらいますか?

「領収書をもらう」という人の多くは「備忘」というよりは「損金」(経費)で落とすためでしょう。
「備忘」ならレシートで十分です。

たしかに消費税は買い物や飲食をする時には「むっ」とします。
しかしそれは「負担感」という不愉快さによることが多いはずです。


ところが、
企業
個人事業者
外国人旅行者(一部は還付される)
も消費税は払っています。
この部分も減免してしまうのですか?


多くの方(世帯)の消費額というのは

「所得」+「預金取り崩し」+「借金」

が上限のはずです。



皆さん年間にどれくらい消費税を払っていますか?
年収すべてを消費に回したとしても、
年収300万円の方なら30万円程度です。

もし消費税が負担だというのなら、年収に合わせてキャッシュバックする(給付金を出す)ことで埋め合わせをすればいいでしょう。

この時、年収1000万円の人にまでキャッシュバックするかどうかは線引きの問題です。
所得の捕捉が十分でない以上、せめて消費税ぐらいは取りましょう





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「赤字企業」は多いが「倒産企業」は少ない [どう受け止めたらいいのか]


平成29年度分 62.6%
平成30年度分 62.1%
令和 元年度分 61.6%

これらの数字は国税庁が公表している欠損法人の割合です。
※ 「欠損法人」… 所得金額(繰越欠損金控除等の税務上の調整を加えた後の金額)が負(損失)又は0である法人

[本]https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2020/kaisha_hyohon/index.htm

これほどまでに欠損法人(赤字企業)が多いのならもっと倒産が増えてもいいはずです。

おそらく「落とせる経費は可能な限り損金で落とす」処理をした結果「欠損法人化」しているのでしょう。
しかし「儲かっていないから賃上げはしない」と。


もし「経費課税が厳格化」されたなら黒字企業はもっと増えるでしょう。
そこで簡単にできるのが「人件費」による経費増すなわち賃上げ(またはボーナス増)です。


「中小企業は弱い」「中小企業は貧しい」等々を主張なさる方もいますが、
・経営者一族が経費をいわば食い物にしている場合
・連結決算もしないで実体を明らかにしない場合
・オーナー一族の資産を賃借している場合(経営者には安定収入)
・経営者一族の自宅、別荘が企業名義になっている場合
等々、「リッチな経営者」像も浮かびあがってきます。


こういう問題にメスを入れないと賃上げ財源は生まれてきません。

「大企業」云々という政党もありますが、実態をよく見ないとミスリードしてしまいます。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

お宅は貧しいですか? [どう受け止めたらいいのか]


今回の参議院選挙の各党の争点を見ていると、
「日本の各家庭は貧しい」
とでも言いたいようなものが目立ちます。

確かに、
・いつかは上がる予定だった「物価」が上がりました
・統計上は「賃金」は上がっていません(個々人は昇給しているはず)
・いくら賦課方式だといっても掛け金の少ない人の「年金」は少ないままです
・「消費税」を払うのも腹立たしいこともあります


しかし、だから皆さんが貧しいとは限りません。
テレビを見ていると、
・行楽地の混雑
・グルメ人気
・楽しそうな買い物客
等々が映りこんできます。


わが家のご近所でも、
・大学生二人を抱え「節約」している
・未就学児が3人
・就学児が4人
・高齢寡婦
等々、相応のサンプル家庭がたくさんあります。


それぞれのお宅のお財布事情までは分かりませんが、宅配便はどこかのお宅に毎日やってきます。

たぶん何とかなっているのでしょう。


今回の参議院選では「国民総貧乏」みたいに唱える政党もあるようですが、やはり「貧困に対するセーフティネット」を整備することのほうが優先です。


こんなに暗い(おそらく若者に夢を与えない)選挙は初めてです。
過去の検証もなく、票狙いの言葉の遊びに騙されてはいけません

何か「選挙の隙間に重要なことが落ちてしまっている」気がしてなりません。

日本の活力はまだまだ捨ててはいけません。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「iPhone24万円」にあきれる [どう受け止めたらいいのか]

米アップルが1日、iPhone(アイフォーン)などの日本での販売価格を引き上げた。
というニュースを多くのマスコミが取り上げていました。

政府が何とか対策すべきだ」というSNS投稿もあり、「米、英、中国、ブラジルの中では日本が一番安い」と説明するニュース番組もあったり。。。


不思議なのは、24万円(値上げ前は19万4800円)という高額なものを肌身離さす持ち続けている人への違和感
私の人生の中では、そんな高額なものを持ち歩いたことはありません。
財布の中に24万円も入っていたことはないし、スーツも初任給より安いものばかりです。

こういうことに違和感を感じない社会風潮のほうが素朴に疑問です。
こう言う人たちが、「一律給付金」「消費税廃止」などとおっしゃるのですからそこは笑い話のようなところもあります。

日本のメーカーのものでもいいじゃないですか。
スマホを使うよりもパソコンをもう少し活用したらいかがということもあります。

いつか高齢者になったとき「そんなに難しい機能はいらない」という日も来るのですから。。。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「生活困窮者」という言葉が参院選では消えた [どう受け止めたらいいのか]


今回の参議院選挙はいつも以上に興味がわきません。
自民党はいつもの調子だから、野党勢力が「わくわくするような」政策を提唱できるのか?がカギです。


その野党ときたら、
①消費税減税→(金持ち優遇策)
②一律給付金→(金持ち優遇策)
③大企業の内部留保課税→意味不明(法人税引き上げといったほうがわかりやすい)
と言った迎合的な政策が目立ちます。

もう少し
産業政策
住民生活の底上げ
に光を当て「わくわく感」が欲しいものです。


今回の参院選は「コロナとの闘い」「コロナ対策で出てきた政策」が織り込まれてしかるべきですが、そういうトーンは聞こえてきません。

コロナ禍の渦中に私の耳に強く残ったのは「生活困窮者」という言葉です。
・どのくらいの規模なのか?
・どういう実態なのか?
・どういう対策や対応が望まれるのか?
・「生活保護」ではカバーできないのか?
という視点がありません。
なんだか「一億総貧困」を訴える野党もあります。
これでは明るい日本の未来は窺うことはできません


ある国会議員のSNSでは、
食事を食べていない人が「炊き出し」に行列を作っていたので手伝った
という東京での出来事の紹介がありました。
一見美談ですが、「なぜ「炊き出し」の列に並ぶ人がそんなにいたの?
という疑問には答えていません。

おそらく「生活保護」すら受けていないのでしょう。
そもそもどちらにお住まいなのですか?
等々、突っ込みどころ満載です。

一見身近なような紹介記事でも「この人何も考えていないんだな」と伝わってしまいます。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「電動アシスト」ママの右側通行 [どう受け止めたらいいのか]


「タイコウジ」
昨夜の旅番組で地図を見ていた女性タレントの方が何気なく言った一言。
番組スタッフが「太宰治」のこと?と確認を入れる。
太宰治記念館」場所を見て「タイコウジ」と読んだようです。

古くは「イチニチジュウヤマミチ」と「旧中山道」のことを読み上げた女性アナウンサーもいたようです。


ここは「おバカ」とか「教養がない」という前に「これらの言葉が日常性を失っている」ということなのでしょう。
・太宰治
以外にも
・志賀直哉
・森鴎外
等々も頭の中にありそうもありません。


「中山道」という名称を知っていて世の中にどんな役に立つのかということもあります。
「東海道新幹線」がなければ「東海道」も怪しいものです。


ところで昨日も右側走行の自転車(電動アシスト自転車)に遭遇しました。
私は普通の自転車で左側を走っていましたから、当然ぶつかってしまいます。
私は避ける意思はありませんでしたから、結局対向する「電動アシスト」ママが避けることに。

彼女からしたら「なんで私が避けるの?このおっさんが悪いのに」という理屈かもしれません。
おそらく「自転車の右側走行」に悪気も知識もないのでしょう。


とにかく「電動アシスト」ママ(普通のおばさんも多いのですが)の
右側走行
赤信号無視
の多いこと。


思うに、
世代的に自転車走行ルールのようなものを学校で習っていない
日常的に車を運転しない
ということがあるのかもしれません。
とにかく「悪びれる様子」がありません。


「子育てがどうの」ということばかりに光が当たる昨今ですが、社会の一員としてのルールにも気配りが欲しいものです。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「インフレ」に狼狽する日本(に笑う) [どう受け止めたらいいのか]


「ウクライナ」「コロナ」「中国のロックダウン」「半導体」「資源高」等々により日本にもインフレがやってきたようです。
「よいインフレ」「悪いインフレ」があるのかどうかはよく知りませんが、今回の参議院選の争点の一つが「物価対策」のようです。
かつて、エコノミスト、マスコミ人、政治家などを筆頭に「自分に都合の良い論理」で「デフレは悪、インフレウエルカム」と叫んでいた時代がありました

当時の私のブログはというと、

1.デフレはよくないのか?(デフレ、インフレ、消費飽和論)
[本]https://beniha.blog.ss-blog.jp/2009-09-13

デフレになると何が困るのでしょうか?
二つの石油ショックの時の「狂乱物価」の記憶がかすかにある世代としては不思議な現象でもあります。

エコノミストの話によれば、デフレになれば
企業収益が減少する
給与所得が減少する(個人所得が減る)
③結果として、消費が低迷する
所得と消費が減少・低迷しても住宅ローンなどの借金は減らない(相対的に負担が増える)
ということのようです。

①.「なぜ、物価は下がったのか!」という点です
②.物価が下がると住宅ローン(借金)は負担になるか?
③.なぜインフレターゲット論が現実的でないのか
と御託を並べています。


2.デフレとかデフレスパイラルの心配よりも、今やらなければいけないこと
[本]https://beniha.blog.ss-blog.jp/2010-04-06-1

今の日本の経済の状況を考える時、
①.国際ビジネスとの競争を無視したデフレ論争であること

②.今まで円高の恩恵を受けていた部分も多分にあるが、じりじりと円が安くなり始めていること

③.資源価格が微妙に上がり始めていること
・・・・リーマンショックの影に隠れて忘れられ始めていますが、当時は資源高が継続していました
国際的に景気がよくなると、また資源高の恐怖が押し寄せてきます
ガソリンだって、じりじりと上がり始めました

④.「楽で給料が高い」仕事を求めるような失業者へのコメントが同情的であること

⑤.日本とは比べ物にならないような諸外国の人種・民族差別と所得格差が存在すること

等々について、マスコミやエコノミストの皆さんのような博学で専門家の方々はもう少し平易に説明してほしいものです。


3.円高、デフレ、そしてデノミ (身近な問題として考えてみましょう) 
[本]https://beniha.blog.ss-blog.jp/2010-08-24


日銀の金融緩和には限界があります (日銀に金融緩和を求めるのは無駄です)
・・・・・どんなに資金を供給しても、どんなに金利が下がっても、使うあてのないお金は流れていかないのです。
金利がゼロであっても、「返さなければいけないのならいらない」という本音もあります。

「価格破壊」という言葉が定着してしまいました。
・・・・・「高いのならいらない」というのも実情です。
マスコミも競って安さ自慢の報道を続けています!

こんな状況では物価は上がりません。

逆に、次のような状況が起きたら間違いなく物価は上がります
原油、レアメタル、レアアース等々の資源が急騰すること
②国際的な天候不順で食糧不足が起こること
紛争・災害等々で海外の生産がストップすること
海外の人件費等の生産費が高騰すること
等々


4.「デフレは悪」ではない
[本]https://beniha.blog.ss-blog.jp/2011-01-10


なぜデフレかと言うと、
日本の優秀な商社・問屋、メーカーが世界中を駆け回って、低コストでの製・商品の生産及び輸入に努力したからです。


その結果、
①更なる低価格競争を招いた
②同等の日本製品がマーケットから締め出された
③対抗策として最大のコストである人件費が削減された

と言うことです。


5.「デフレ脱却」の向こうにあるもの
[本]https://beniha.blog.ss-blog.jp/2012-04-30-5

物価が上がるってどんなことでしょうか?

たとえば、

①.「消費税」が上がれば、原則的には物価は上がります。

でも、税金が増えるだけで、利益は増えません。
それどころか、「消費税の値上がり分」を転嫁できないと、逆に利益はますます圧迫されてしまいます。


②.石油などの輸入物価が上がれば物価は上がります。

でも、値上げ分は輸入代金で消えてしまい、利益が増えるわけではありません。


③.「円安」になれば、輸入物価は上がります。

日用雑貨や衣料品の多くは輸入製品です。
円安になれば、これらのものは値上がりします。
値上げしても、輸入代金で消えてしまい利益が増えるわけではありません。


④.輸入物価が上がり過ぎれば、国産品への回帰が起きるのでしょうか?

「輸入すれば高いので、国産品を使えばいい」という風にシフトしていけばいいのですが。。。
国際的な分業体制が確立した今、なかなか即効性はないかもしれません。


⑤.「まけてよ!」と値切るのが世の常です。そんなに値上げなどできないものです。


⑥.収益が増えても、企業は雇用を増やしません。企業経営は、あくなき合理化努力がテーマなのですから。。。

まして、給料が大幅アップするわけでもありません。
せいぜい、ボーナスが少し増えるくらいです。


6.「デフレ」がいいのか?「インフレ」がいいのか?
[本]https://beniha.blog.ss-blog.jp/2017-02-01

「デフレ」とか「インフレ」の定義の議論はさておくとして、

〇地域性はどうか?

 やはり「東京中心」のイメージで語っていないか

〇世代別の状況はどうか?

 「団塊の世代の動向」の影響は無視できない

〇国民の期待感はどうか?

 例えば、「有効求人倍率が上昇しても希望の職種や所得の仕事があるかどうかは別問題」
机上の議論ではなく、「生活者目線」で議論するとどうなるのでしょう。

「給料(所得)が増える」のを喜ぶ人は多いが、「物価が上がること」を喜ぶ人は少ないような気もします。



今更どうでもいいのですが、過去記事の棚卸をしてみました。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「トーゴーサン」と「クロヨン」と「減税」 [どう受け止めたらいいのか]

今度の参議院選挙の争点の一つが「消費税減税」です。

政党によっては「税金というのは生きることにかけちゃだめですよ」とおっしゃる議員さんもいらっしゃいます。
それなら「所得税」もかけてはいけないでしょう。
自宅にかかる「固定資産税」も同様です。
いっそのこと「租税廃止」を提案なさったらいかがでしょう。


どうも理屈優先で論理が空回りなさっているようです。
「公平な税制で大企業や富裕層から取れ」とも。


選挙の票欲しさにおっしゃるのなら稚拙すぎます。
所得税の負担割合が、サラリーマンは9(ク)、自営業者は6(ロ)、農業所得者は4(ヨン)となっており、不公平が生じていることを示す俗語。トー(10)、ゴー(5)、サン(3)も同様の意味。負担割合の問題は、2つの観点から考えるべきである。
(imidas「時事用語辞典」より)
つまり「所得の捕捉」があって初めて富裕層は決まるのです。

コロナ禍では
生活困窮者」「所得格差
などという言葉が飛び交いましたが今度の参院選ではこういう言葉すら見えてきません。


皆さんは「マイナンバーカード」をお持ちですか?
もしお持ちでないのならなぜですか?
便利ですよ。


テレビやラジオやSNSなどで「マイナンバーカード」の普及に反対する方の多くは「複数個所での所得がある方」です。
マイナンバーカードの普及、マイナンバーの一般化のゴールの一つは「所得の捕捉」です。


私には隠しているような所得はありませんからどうぞどうぞです。
きっと確定申告も負担が減るでしょうし、公務員さんのお仕事も減るでしょう。
少子高齢化に伴い、
いくつになっても確定申告をしなければいけない
働く人も減るのだから公務員を減らさなければいけない
というテーマも顕在化します。


マスコミやSNSでマイナンバーカードの普及に反対される皆さんには何か不都合なことがあるのでしょうか?

「トーゴーサン」や「クロヨン」を忘れてはいけません。



nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:仕事

他人の「車の値段」を聞く人 [どう受け止めたらいいのか]


自分では買うことのないだろうなと思うフェラーリやポルシェの値段なら聞いてみたい気もします。
しかし私が買った大衆車の値段を聞く人がいることにびっくり。


今年の3月に納車でほぼ4か月が過ぎました。
通勤通学には使いませんが約6000キロの走行距離です。
それなりに走っています。
走行距離によって保険料が異なる自動車保険に入っていますから、次回の更新はまたランクアップしそうです。


ところで、この4か月の間に「いくらしたんだ?」と聞いた人が二人
「新車価格」から始まって「下取りはいくら」とくるのがこの人たちの定番質問です。
私はこの手の質問は不快しかないので口を濁していると、
「公開されている価格なんだから」とか「言っても減るもんじゃない」と同じことをおっしゃいます。


私からしてみれば、
・公開されているのなら調べたらいかが
・なぜあなたに私の財布のことを言わなければいけないの?
という思いが沸き上がってきます。

「燃費は?」とか「調子はどう?」とか「前の車と比べていいところは?」
などと聞かれたのなら答えもしますが「財布話は親しき中にも礼儀あり」です。


ちなみにわが家のご近所の方々でそんなことを聞いた方は一人もいません。
私もご近所が車を買い替えたからと言って値段を聞くことなどまずありません。


ひょっとしたら「一定」の年齢層の人たちなのかもしれません。
こういう質問をなさるのは。


一年中他人様の財布の中身を調べる仕事をしてた私が言うのもなんですが。。。。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「日本映画」よりも「韓国映画」のほうがおもしろい [みんなうすうす気づいている]

CS放送やネット番組の発達・普及で家庭でもいろいろな映画を見ることができるようになりました。
もう「レンタルビデオ」のお世話になることもありません


私が見ている映画の限りでいえば、

●日本映画~陰気な哲学もどきが多くて息が詰まる

●韓国映画~韓流時代劇は「そんなバカな」が多いものの面白い
 ・現代映画でも「切り口が新鮮」「キャストがいろいろ」
 ・映画が明るい(韓国の生活様式の近代化の鏡)

●フランス映画~何か哲学(思想)がちりばめられている

●アメリカ映画~とことん娯楽

という感じです。

こういった各国の映画で興味深いのは舞台となったその国の生活スタイルをのぞき込むようなところこそ興味深い点です。


私の場合は「映画は娯楽」が基本なので
いつも同じ顔
暗い
難しい哲学が隠れている
日本映画との距離が開くばかりです。

BTSやNIZIUでおなじみの韓国のエンターテインメントの勢いを感じている方も多いことでしょう
皆さんはどういう思いで映画をご覧になっているのでしょうか。。。

 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

日本産業の停滞は「NICs(二クス)、NIEs(ニーズ)」の台頭から始まった [どう受け止めたらいいのか]

産業革命を伴う水平分業への遷移は仕方がないことです。
それをどう迎え撃つかが経済政策、産業政策の腕の見せどころです。
日本でNICs(二クス)NIEs(ニーズ)の台頭の兆しが表れたのは1980年代後半のこと。

時はバブルのころで日本中が浮かれていました。
「重厚長大」から「軽薄短小」へと産業構造の変化を形容する学者さんもいらっしゃいました。

しかし、問題なのは、日本の産業が方向感を失い、「軽薄短小」の肝を見いだせなかったことから今の日本経済の低迷へとつながるのでしょう。

日米円ドル委員会」などで日本の行き過ぎをアメリカに警告され市場開放に向かっていったのもこの頃です。
今振り返れば,
「防戦一方でしたたかな攻めができなかった」
ということもあるでしょう。

参院選を前に「消費税が日本の景気低迷の原因だ」などと訴える政党もあるようですが、やはり日本の油断の結果とみるほうがいいでしょう。


それで対策はというと、
命のビジネス」「命に通じるビジネス」に力を入れることです。

例えば、
農業(食料の輸出、缶詰化)
医療
介護(特に機械によるサポートの強化)
等々、そこにはAI(IT)も半導体も当然必要になってきます。
これらは国際的なマーケットが待っています。


(参考)
NICs:Newly Industrialized Countries(新興工業諸国)
NIEs:Newly Industrialized Economies(新興工業国・地域群)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

産業革命に乗り遅れた日本 [どう受け止めたらいいのか]


今回の参議院選挙の報じ方を見ていて思うのは、
暗い
未来がない
足元の人気取り
というのが特徴的ではないでしょうか?


雇用
物価高
最低賃金
消費税減税
等々に光が当たっているようですが、何かを解決するようなわくわく話はありますか?
なんとなく高齢有権者の人気取りのような響きもあります。

確かに今の日本が置かれている状況には
・コロナ
・ロシアのウクライナ侵攻
・半導体不足
・資源高
・円安
など盆と正月が一度に来たようなところもあります。



しかし、心配なのは産業政策
こういう言葉を使う政党もマスコミもありません。


1昨日のWBS(テレビ東京系)では、
食料品の輸出商談に活気
made in Japan 人気
があるようです。


食料品と言えば「農業」が代表的です。
しかし
「生業的百姓農業」による後継者難と耕作放棄化
移住とか自由な生き方の対象化
になっていることがよく伝えられています。


おそらく安倍・菅の9年はこういう産業政策に力が入っていませんでした


「産業革命」と言えば18世紀~19世紀的な古臭さもありますが、今も産業革命は起きているのです。

産業革命の特徴には、

1.垂直分業(付加価値の高いビジネスを自国内に残す)
2.水平分業(平均的なモノづくり企業は発展途上国に拡散する)

ということです。

日本のものづくりはある時から積極的に海外進出をしました。
・海外で安く作って日本に持ち込む
・外ー外ビジネスを志向する
(海外で作って海外マーケットに販売する)
・関係グループがセットで海外進出したことからアセンブリー(組み立て)工程も海外で行うしかない状況になってしまいました。

悩ましいのは「モノづくりノウハウも技術も」日本から流出してしまいました。
GAFAのようなプラットフォームもありません

「観光」「飲食」などに力を入れているうちに日本のガラパゴス化がますます進んでいるような気がしてしまいます。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「そばに来るなよ」店員さん~セルフレジの場合は [仕事についてのエトセトラ]


私は基本はキャッシュレス生活。
「クレジットカード」や「〇〇PAY」を多用しています。

当然のことながら「セルフレジ」も大好きです。
20歳代前半からクレジットカードは長年使っていますので「便利」が向上するのを実感しています。


ところがこの「セルフレジ」を使っているとムッとすることが再三あります。
途中で店員さんがそばに寄ってきてごちゃごちゃいうのです。
先日もそうでした。
スムーズにやっているのに「商品をつつく」そして「何か言う」
邪魔だからあっちに行きなさい
と申し上げることに。

結局、やり直しです。

私は示された手順通りにやっているし、困ったときは店員さんを呼ぶことにしますが、
この店は
初めてではない
商品点数も2個
ですから店員さんが商品をつつきながら何かしゃべるのは邪魔以外の何ものでもありません。


こういう時は得てして「忘れ物」をしたりするものです。
この時は「クレジットカード」を差し込んだばかりだったのですから「決済」の重要ポイントです。
邪魔です。


そんなにおせっかいしたいのなら、
誘導のための表示を変えること
初心者、初級者専用コーナーを作ること
等々工夫すればいいだけのことです。

この店員さんは「いいことをした」という思いだったのでしょうが「こういう店員さんがお客さんをだめにする」のです。
ほかに店があるのならこの店には行きたくないくらいです。


親切のつもりが「お客さんを育てない」ことになってしまいます。
テレビによくお出になる経営者のお方。。。その点はどうお考えなのでしょうか?


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険屋さんを泣かす [保険の話]

先日、保険会社の方からお電話をいただきました。
定期保険部分の満期が到来し、支払方法が変更になる
というご趣旨のようでした。

しかし要領を得ません。
聞けば「今年の3月入社したばかり」だと。
新卒入社かと思いながら話を聞いていたら「高校生のお子さんがいらっしゃる」とか


私自身は、
・すでに郵便で案内が来ていたので内容はそれなりに知っていた
・手続きが不明のためどうすればいいのか放置していた
・保険の内容もある程度は熟知している(保険知識は相応にある)
状態なので、入社3か月程度の方が敵うお客ではありません。
この保険会社のHPも定期的に閲覧していますし、メルマガも受信しています。
「無防備で電話してくるなよ」
と言いたいところです。


かつての「生命保険」は
終身保険部分
定期保険部分
医療保険部分
で構成されています。
さすがに「医療保険」部分は時代にそぐわないため保険会社の直営ショップで見直しはやりました。


保険は「強制的義務的貯蓄」とも呼ばれ、そうそう簡単には解約や見直しができない性格の貯蓄です。
若いうちなら選択肢はたくさんありますが、年が寄るとなかなか好条件のものはないものです。


いろいろ話していると電話の向こうで泣き声らしきものが聞こえてきます。
パワハラ・セクハラというよりも「私の保険知識」に圧倒され「いやな客に電話してしまった」ということと「クレジットカードで保険料が払えるのか?」などという簡単な質問にも答えられない自分にイラつかれたのでしょう。


彼女には「私の顧客名簿の片隅に『猛犬注意』と書いておくように」とアドバイスしておきました。


保険には不合理なことがたくさんありますが、「まぁ多勢に無勢ですから御社の指示に従いますので手続き書類を送っておいてください」と依頼しておきました。


それでも「また電話したい」とのことであったので、
①私が入っている保険の不具合を指摘のこと
②満期となった定期保険部分には返戻金があるのかどうかを調べること
を依頼しておきました。


いつまでこういう保険販売スタイルが続くのでしょう?
人手の無駄以外の何ものでもありません。





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

アラ80の高齢熟女と遊ぶ日々(「ババ活」とは呼ばないで) [どう受け止めたらいいのか]


「若い頃はよくもてました」
と言ってもあながちウソではないのですが「モテキ」が長く続かないのが世の中です。

ところが最近はアラ80歳くらいの高齢熟女とお話しする機会がずいぶん増えました
私の周辺にはこういった女性がたくさんいらっしゃいます。

・庭木の剪定をやってあげたり
・花壇のお花の世話をしたり
・ジャムの作り方を教わったり
・ご主人への愚痴を聞いてあげたり
・パソコンを買うのに同行したり
・金婚式がとっくに過ぎたご夫婦のけんかを仲裁したり
等々、年相応のツバメもどきです。
しかも皆さんお元気ということ。

ネットやSNSが発達する時代、リアルで会話してくれる人たちも減ってしまったのも昨今の特徴です。


悲しくもあり寂しくもあるのは「若い方々と接触する機会もなく結果もてることもない」ということ。

ただ、こういうおつき合いで「ボケ防止」とか「高齢者詐欺防止」の抑止効果があれば幸いです。
それと「90歳を超えた老女の皆さん」とはさすがにつき合いづらいということ。

高齢者人口が増え続ける日本」での高齢者対策も年齢やターゲットを絞り込んで税金を使っていかないといけない時代がやってきたという実感がここにはあります。


「年寄り笑うな行く道じゃ」と言いつつ「自分はまだ若い」「あの人たちとは同じようには年を取っていない」と思う自分がそこにはいます。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

コロナ禍で進む「働く人改革」 [仕事についてのエトセトラ]


コロナ禍で世の中のいろいろなことが大きく変わりました。

例えば「家族葬」というのも一般化してきました。
いつかは
・地味な葬儀にしたい
・香典のやり取りをやめたい
・香典返しをもらうこともない
といった頭の中にはあるものの「そういう機会がなかった」人たちが「コロナ」という理由でお葬式のやり方まで変えてしまいました。
そうそう頻繁にあるものではないだけにこの変化のムーブメントは大きなものがあります。


週末に行った大手家電販売店でも何か変化が伝わってきました。
・交渉値引きの余地が減った
・「売らんかな」スタイルがない
・店員さんも少なくなった
・お客さんはそれ以上に少ない
ということもあります。


「23区内にあるお店だけかな?」と思っていたら、翌日訪ねた「北関東のお店」でも似たようなことを感じました。

コロナ前には「働き方」改革と呼ばれていたものが、「働く人」改革の様相です。

スマホ売り場のように「業者派遣」のジャンパーを着た店員さんが多いところでも微妙に変わっています。


「コロナ失業」的な話題もありましたが、明らかに企業の側が、
商品知識が豊富
接客態度が良好
というポイントで従業員さんを絞り込んだ様子が見え隠れします。
ついて行けない従業員さんは「居づらくなる」という文化革命も起きているのかもしれません。


高齢の友人の付き添いで行った北関東にあるお店の売り場の方は「都心のお店に勤めていた」とか。
「ふるさと人事」なのか?
人材のリバランスも行われているようです。


ふと気になったのは「高齢者への販売担当」認定のような資格も必要ではないかと思ってしまいました。
「人生最後の設備投資」の第1章を行う高齢者がついて行けない情報もありそうです。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「物価高」と「節約」 [無駄の効用かやっぱり無駄か]


急ピッチの「物価上昇」には不満を感じる方も多いようです。
収入は増えない中での物価高は確かにキツイというのも実情です。

そこで
・政治が悪い
という話になり
今度の参議院選挙の大きな争点が「物価対策」だとか。


政府が悪いのなら責任をとって「内閣総辞職」をしなさいよ
ということなのですがそういう声は上がりません。

皆さん知っているのです。

①何から何まで「輸入大国」になってしまっていること
②「コロナ」と「ロシアのウクライナ侵攻」の影響が大きいこと
③「安倍・菅の9年」の無策の結果
④アベノミクスがワークしていないこと

が最大の原因であることを。

だから、SNSも政治家も「物価高騰による生活支援」がメインテーマです。

①年金をはじめ所得が少なくて
②貯蓄が少なくて
③子育てなどにお金がかかり
④「介護」に費用が掛かって
という生活実態もあるのでしょう。


しかし、
・高速道路に乗れば相変わらず猛スピードで走る車がたくさんあります
・街中ではエンジンをかけたまま駐停車している車がたくさんあります
ガソリン代が高いのなら
「必要以上に乗らない」
「燃費のいい乗り方をする」
も必要です。


ことほど左様に「自己防衛策」があると思いますし、現実にやっている方も多いことでしょう。
しかし、マスコミもSNSも政治家の話にもそういう節約話が出てきません。


給付金、補助金、消費税の減額では必ず行き詰まり、弊害や将来へのつけが回ってきます。

甘えるな日本人!
少しは工夫や知恵を出そうよ。
戦後の日本はそうやって成長してきたのですから。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

パソコンを買いました(優先順位は変わるもの) [どう受け止めたらいいのか]

新しいパソコンを買ってしまいました。

速い
打ちやすい
もっと早く買えばよかった

等々、買えば買ったで感動するものです。
しかし高い(高額)。
今月は車の車検があったり、固定資産税を払ったりと何かと物入りの中、頭の中は1年の収支で考えればまぁいいか状態です。


ことの成り行きはこういうことでした。
●友人(70歳代の女性)はパソコンを買うのでつきあってほしいとの要請あり
(買うだけではなく、セットアップも含みます)
●本日、とある家電量販店で待ち合わせです
●最近パソコンを買うこともなかったので様子がわかりません
●(昨日)近所の家電量販店に下見に行くことに。。。
●「下見」のつもりが「私のショッピング」に変わってしまいました。

「えぃやぁ!」と買ってしまいました。
近々買おうと思っていたものですから「まぁいいか」状態です。
節約項目はそれなりにありますが何度もそれを使っています。。。。


スマホの5Gもデジカメも宝くじが当たるまで待つことに。。。。
優先順位が変わってしまいました。

それにしても高い買い物でしたが、「ストレスがない」のが何よりです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「パソコンを買い替えようか」と悩む日々 [無駄の効用かやっぱり無駄か]


「このPCは現在、Windows11を実行するための最小のシステム要件を満たしていません」
とのご託宣をいただきました。


現在使っている複数のPCのいずれもがこの状態です。
Windows7及び8からバージョンアップしながら10まで来ましたが、ついにこれ以上進めない壁にぶつかりました。


Windows10のサポートも2025年10月14日で終了」するようですから、購入時期を分散しながら新しいパソコンに買い替えていくことも必要ではないかと思案中です。


しかし物入りです。
・「エアコン2台の修理」と言う予定しない支出もありました
・デジカメも買いなおしたいです
・スマホも5Gに切り替える時期のようです


●消費税を下げろ(廃止しろ)
●所得を増やせ
などとは言いませんが、「さてどうするか」状態です。


実は
・あるPCはWORDの文章がプリントできません
・あるPCを使うとなぜか誤字入力が増えてしまいます
・ネット回線との相性も悪くなったような気がします
PCを買い替えた方がいい理由はいくつでも思い浮かびます。
しかしまだ使えます。
廃棄をどうするかも課題です。


新しいPCは立ち上がりも早く動きもよくストレスが少ないようです。

やはり買うべきでしょうか?
リスク分散のため3台あるPCを順番に買い替えていく方がよいかもしれません。


人生の選択もこんな風に迫られ、ある時は優柔不断に、ある時はスパッと決めなければいけないものです。
しかしいつも後悔が付きまとうのも実情です。


ネット通販のご案内メールが毎日やってきます。
ずいぶん安そうな値段ですが、カスタマイズをチョイスすると相応に高くなってしまいます。


「えいやぁ!」と決める必要がありそうです。
買い物と言うのはこういう悩む楽しみもあるものです。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「機械に置き換わる仕事」は給料が上がらない [仕事についてのエトセトラ]


最近の銀行の店舗というのは、
「支店長のいない店はあってもパートさんのいない店はない」
状態のようです。


かつて給料の高かった銀行も機械化の進展で仕事に選ばれてしまうようになりました。
つまり「機械で置き換わる仕事」と「機械に置き換わらない仕事
と言う区別ができてしまいました。

さらに機械化とコンプライアンスの徹底で「残業」もずいぶん減りました。


こういうことは銀行だけではないと思います。
高い報酬を得ようと思ったら、
●機械に置き換わらない仕事
●機械を開発する仕事
●機械をメンテナンスする仕事
●機械を管理する仕事
をやるしかありません。


いわゆる「手に職」が必要です。

「給料が上がらない」「賃上げがない」とおっしゃる方の中にはそういう事情もありそうです。
「この仕事でそんなにもらっているの?」と言うことはありませんか?

全員の給料が上がることを求める前に「職種別」の賃上げがあってもよさそうです。


こういう議論をしていかないと衰退していく産業やご商売もできてしまいそうです。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の20件 | -