So-net無料ブログ作成

「やくざ映画」の理論(「ラブストリー理論」) [ご商売の無駄話(beni色のessay)]

少し不穏当な言葉をお許しいただきたい。

みなさんはいわゆる「やくざ映画」をご覧になったことがおありでしょうか。。。。
「網走番外地」「仁義なき戦い」などのことでしょうか。。。。。

やくざ映画に興奮して、映画館を出た瞬間には、「肩で風を切って歩いていた。。。。。」
でも、家に帰って、朝目が覚めたら、また普通の歩き方に戻っていた・・・・・
というようなことはありませんか。。。。。。?

女性の方なら、「恋愛映画(ラブストーリー)」を観て、「私もこんな恋がしたい(恋をしよう!)」などと思って日記に書いたりしても、やはり普通の(もてない)私がいた。。。。。などという経験はございませんか?

今の時期、新年会+講演会(セミナー)という行事も目白押しです。
あるいは、年がら年中研修会とかセミナーの案内を興味深く目に留め、
①自らが行き
②部下に行かせ
などということもよくあるものです。

研修(セミナー)会場では、「よし!やろう」などと熱くなり身体を奮わせたりすることがあります。
でも、実際に仕事に戻ると、日常に忙殺されたり、協力者がいなかったりでなかなかうまくいかないこともよくあるものです。

本来なら、セミナーに行く前に、身につけて来たい事柄を整理して緊張して会場に臨むのがいいのでしょうが、たかがセミナーごときでそこまで集中できるものでもありません。

「なんだかよくわからないけど、だれだかよく知らないけど、なんか面白かった」とか「引き込まれた」ということもよくあるものです。

セミナーを受けた後は、一度だけ、話を思い浮かべてください。
①印象に残ったことを上司に報告
②これはやってみたいということを部下に披露
するなりして実行にこぎつけてみてはいかがでしょうか。。。。。

講師の話を聞いている内に、あなたが主役になった絵(シーン)が思い浮かんだはずです。
もしそんなことがあったのなら、やってみてください。
そして、「いいか」「悪いか」答えが出そうになるまで続けてみませんか。
そのあとは、あなたにお任せします。

やくざにはなれなくても、一生懸命頑張るあなたに恋心を抱く方が出てくるかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0